イベント/ワークショップ

【7月13日】プラーナーヤーマ/呼吸法とピースマントラチャンティング

プラーナーヤーマ/呼吸法とピースマントラチャンティング 

<講座内容>
プラーナとは生命エネルギーという意味で、プラーナーヤーマとは呼吸によってプラーナをコントロールすることです。

プラーナーヤーマを習慣的に行うとプラーナの質や量を高め、ナーディやチャクラの詰まりを取り除き、その結果、精力的になり、ヤル気が出てポジティブになります。

プラーナーヤーマをきちんとした監修のもとで正しく行えば、身体、心、精神が統合され、肉体的・精神的に強くなります。

また、プラーナーヤーマは体内から老廃物を出すのにも役立ちます。

マントラはサットヴァ(純粋性)を増やし、心をポジティブにさせます。

毎日20分のプラーナーヤーマとピースマントラチャンティングは日常のストレス、緊張、不安を和らげるのに役立ちます。

この講座では、様々な種類のプラーナーヤーマを全員で一緒に練習します。

1. Anulom Vilom アヌロームヴィローム (片鼻呼吸)
2. Bhramari ブラーマリ (蜂の羽音の呼吸法)
3. Kapalbhati カパラバーティー (火の呼吸)
4. Omkara オームカーラ
5. Shitali シータリ (クールダウン)
6. Sitkari シタカリ
7. Bhasrika バスリカ

これらはすべてプラーナーヤーマ(呼吸法)です。
それぞれの重要性、効能、処方、禁忌をDr. アヌパマがお伝えします。ピースマントラチャンティングにおいては、その重要性、意味、チャンティングの方法をお伝えします。


講師:Dr.アヌパマ(アーユルヴェーダ医師&ヨガティーチャー)
通訳:吉川美加(アーユルヴェーダ講師)


日時:7月13日(水) 15時-17時 
場所:ニーマルヨガスタジオ
東京都港区白金台3−18−1  八百吉ビル6F

受講料:¥7,500 (プラーナーヤーマのテキスト付き)
お支払いはクラス後にお願い致します。
釣銭のないようにご用意いただけると助かります。

ご予約は下記まで:
Tel:080 4868 1947

クラス当日は、動きやすい服装でお越しください。
また、胃の中はなるべく空に近い状態にしておいてください(2時間程度)。そのためにも、当日は早い時間の軽めの朝食をお勧めします。

NirmalYoga | Japanese///イベント/ワークショップ

イベント/ワークショップ

【7月13日】プラーナーヤーマ/呼吸法とピースマントラチャンティング

プラーナーヤーマ/呼吸法とピースマントラチャンティング 

<講座内容>
プラーナとは生命エネルギーという意味で、プラーナーヤーマとは呼吸によってプラーナをコントロールすることです。

プラーナーヤーマを習慣的に行うとプラーナの質や量を高め、ナーディやチャクラの詰まりを取り除き、その結果、精力的になり、ヤル気が出てポジティブになります。

プラーナーヤーマをきちんとした監修のもとで正しく行えば、身体、心、精神が統合され、肉体的・精神的に強くなります。

また、プラーナーヤーマは体内から老廃物を出すのにも役立ちます。

マントラはサットヴァ(純粋性)を増やし、心をポジティブにさせます。

毎日20分のプラーナーヤーマとピースマントラチャンティングは日常のストレス、緊張、不安を和らげるのに役立ちます。

この講座では、様々な種類のプラーナーヤーマを全員で一緒に練習します。

1. Anulom Vilom アヌロームヴィローム (片鼻呼吸)
2. Bhramari ブラーマリ (蜂の羽音の呼吸法)
3. Kapalbhati カパラバーティー (火の呼吸)
4. Omkara オームカーラ
5. Shitali シータリ (クールダウン)
6. Sitkari シタカリ
7. Bhasrika バスリカ

これらはすべてプラーナーヤーマ(呼吸法)です。
それぞれの重要性、効能、処方、禁忌をDr. アヌパマがお伝えします。ピースマントラチャンティングにおいては、その重要性、意味、チャンティングの方法をお伝えします。


講師:Dr.アヌパマ(アーユルヴェーダ医師&ヨガティーチャー)
通訳:吉川美加(アーユルヴェーダ講師)


日時:7月13日(水) 15時-17時 
場所:ニーマルヨガスタジオ
東京都港区白金台3−18−1  八百吉ビル6F

受講料:¥7,500 (プラーナーヤーマのテキスト付き)
お支払いはクラス後にお願い致します。
釣銭のないようにご用意いただけると助かります。

ご予約は下記まで:
Tel:080 4868 1947

クラス当日は、動きやすい服装でお越しください。
また、胃の中はなるべく空に近い状態にしておいてください(2時間程度)。そのためにも、当日は早い時間の軽めの朝食をお勧めします。