ヨガについて

ニーマルヨガとは(5P):正しいリラクゼーション

3. 正しいリラクゼーション(Proper Relaxation)
「リラクゼーション」に重きを置くのも、ニーマルヨガの特徴です。
正しくリラックスすることで、私たちの心と体は活力を得ることができ、
内なるエネルギーを呼び覚ますことができるからです。

ところが、現代人はストレスが多く、心や体をなかなか解放できません。
常に頑張っている状態が続いていると、いざ力を抜こうとしてもなかなか上手にいかず
その結果、心身に疲れやコリがたまり、生きる力そのものも弱くなってしまいます。
「力を抜く」。シンプルなことだからこそ見落としたり後回しにしてしまいがちですが、
日常的に正しいリラクゼーションを行い、心と体のコリを上手にリリースしてあげましょう。

では、正しいリラクゼーションとは何でしょうか?
正しいリラクゼーションとは、単に筋肉を休めることではありません。
筋肉はもちろん、すべての内臓、分泌系も休ませることが必要です。
ニーマルヨガではクラスの最後にシャバアサナを行いますが(90分クラスなら15分間)、このアサナこそ、体と心の両方からストレスを取り除いてくれる唯一の方法と言えるでしょう。

シャバアサナの最中は、肉体の動きを完全に静止することで、
筋肉、血流、呼吸、心肺機能をはじめとした体のあらゆる働きがスローになります。
加えて全身が床に着いている分、体の全細胞が大地のエネルギーを受け取ることができる。
つまり、体の働きが最も省エネになっている状態で、最大のエナジーチャージができるわけです。
それにより、アサナによる負荷や体の疲れ、ストレスがすべて取り除かれ、
肩コリや腰痛など慢性的な体のコリが緩和。全身にエネルギーがリチャージされます。

加えて、長めのシャバアサナになると肉体から意識を離していきますが、
それにより頭のざわつきが静まり、心も深いリラックス状態に。
最終的には肉体、感情、精神的ストレスが全部取り払われ、心の軽やかさやクリアな思考など、
単に体を休めただけでは味わえない、極上のリフレッシュ感がもたらされます。

<日常的に意識すること:リラクゼーション編>
日常生活、特に仕事場ではなかなかリラックスすることは難しいものです。床の上で大の字に横たわること(シャバアサナのポーズ)も、なかなか難しいですよね。ここでは、日常生活で実践できるリラックス方法をお教えしましょう。

1. オフィスの中で
椅子の上で、足、手を少し広げて、リラックス。静かに目を閉じます。5分も行えばリフレッシュした状態に。

2, 素足でリラックス
靴を、靴下を脱いで、足を開放してあげましょう! もし、公園がそばにあれば、芝生(自然)に直に触れればより効果的!

3. 環境をかえてみましょう
部屋の外、別の環境に移って、気分を変えましょう。息抜き=>リラックスにつながります。

4. 顔を冷たい水で洗いましょう。
たっぷりの冷たい水で顔を洗いましょう。気分もむしゃくしゃした気持ちを一緒にリフレッシュできます。

シャバアサナの実践方法:-(約10~15分)
次に、正しいシャバアサナの行い方を紹介しますので、
頭痛や肩コリ、感情の乱れなど、心身に疲れやストレスを感じたらぜひ実践を。
身体だけでなく、感情、精神的なストレス・疲れを取り除いてくれるのがシャバアサナです。
ハードワークが続いてマッサージに行きたいほど疲れている時、
あるいは夜眠れない時にも、30分のシャバアサナを行うと効果的です。

=> ポーズファインダー内、シャバアサナへのリンク